rogo by kashi

・・・・岡沢じゅんのころしてロックスター・・・・
2011年10月21日 10:11 AM
フラットファイルにて




長野市、フラットファイルにて、この金、土、日と作品展やっていて、新しい絵を一点出してます、いろんな人の作品が1万円で買えるという企画です、観にいってみてくださいな。

明日は上田のつながるフリマ、というやつに行くよてい、、。あさっては松本にslumを観にいくよ、ベースの窄くんが抜けるらしい、僕の好きなslumが、無くなりませんように。

「じゅんくんは、歌を生き物として捉えとるんやね」先日の京都、島崎さんが言ってたんだけど、それについて考えてた。あんまりそういうイメージとは違うし、んー、どうかな、と思って。僕にとっては音楽は合奏だ、という割り合いが高くて、最近は一人でやってても、歌とギターと踊りとをセッションさせるっていうのやってるつもりだけど、ほら唐十郎の特権的肉体論じゃないけど、そのときの体の状態とか、心とか、歌とか、ぐわっとかき混ぜるのが、多分楽しい。じゃなくて、えっと、人とやるとき、セッションするときのイメージというのは、音どうしが、どんなふうに存在してるのか、というのにいつも心奪われてて、合奏を観るときもそうだけど、あ、この音がここに座っていて、あ、いま別の音がやってきて、声をかけて、あ、いま立ち上がった、とか。そういうのが好きで、誰かが泣いていて、寄り添うのか、見守るのか、励ますのか、一緒に泣くのか、そういったとき選択肢はたくさんあるんだけど、僕だったら君の歌にこんなふうに、、というようなのを演ってると、ゾクゾクして、たまらない気持ちになってくる。

これはある種のバンド感とはちょっと違くて、バンドの音というのは、おれたちいつもこんなふうだよな、という一種のあきらめに似たきらめきであって、それをぶっきらぼうに、安心しきった様子で、ぶっぱなしてくれるのは、やっぱり、幼なじみめいた、腐れ縁のようなものだったりする。最初から成り立つものであり、到達するものでなく、いつでもそこにある、すなわち、初めてのそれなんじゃないだろうか。

というわけで、僕はそれを観に日曜日はslumを、松本ALEX。

<< はろ。 | main | すこし >>

comment
name:

mail:

url:

comment:

copyright © 2008 3F REDORDS all rights reserved.

2011.10
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          



最新記事

・すこし
・フラットファイルにて
・はろ。
・京都こしかけ工房
・愛知県日進市の
・珈琲じゅっぷん
・眠り落ちて梅田
・ホープ
・あった
・ルル、ゴミ小屋
・ただいま
・いつぞやドイツのサンフラワーフェスティバル
・愛媛県三津
・大阪府吹田市路上
・愛媛県愛南町高茂岬
・大分県佐伯市
・玉造カオカオ
・その男、巨峰につき
・スケジュール
・@南風食堂

リンク

ザ・ビアーズのブートレッグウェブ

ザ・ビアーズのmyspace

RSS 2.0



ブログtopへ