rogo by kashi

・・・・岡沢じゅんのころしてロックスター・・・・
2011年10月27日 10:51 PM
カフェキャラバン35周年




はろ。昨日は9時ごろに寝て、朝6時に目が覚めました。天気がいいと、どうしても放射能のこと思い出してしまってやるせない気持ちになります。心配するだけして、何事もなかったらそれはそれでいいし、あとあとになって誰かを恨んだりしなくてもいいように、食べ物や雨には注意したい。福島産の野菜が格安で売ってるよ、ヨーカドー。

土曜日に伊勢市のリズムというライブハウスでライブ、カフェキャラバンのアニバーサリー企画。カフェキャラバンについて少し。伊勢市にあるその喫茶店は、友達のタケアキの両親がやってる店で、今年で35周年になる。もともとタケアキは、ざ・はっぴいずというバンドの天才アホドラマーの古ちゃんの同級生で、はっぴいずで伊勢に行ったとき、ライブ企画してくれた。そのときに古ちゃんの投げたドラムのスティックが刺さったのがタケアキで、今も刺さったままなんだけど、最近は結婚して、子供もできたみたい。幸せかな?そう、それではっぴいずやめてフルちゃんは伊勢に帰って、「offtime」というDJイベントをタケアキらと始めて、それをやってたのがカフェキャラバン。最初に行ったのが30周年のときだから、もう5年たつのかーと思って、早いんだか遅いんだか。最初のときは、ミニカに乗って10時間かけて下道で行った、ひとりで。着いたら千晴くんと絵を描こうってことになって、描き続けて、オープンするくらいに出来上がって、もうすぐ出番なのに全然寝てなくて眠くてちょっと寝かせてって、タケアキの部屋で少しだけ寝かせてもらったんだけど、ほんの少しの睡眠でぐっすり寝るには足を高くして眠ればいいって、何かで知ってたから、こうベッドに足を乗っけて床で寝てたら、そろそろ出番だからって呼びにきたタケアキが、「落ちとるがなー!」とか言って。それが最初。2回目はサトルと行ったのかな、平井くんもいっしょ、3回目がビアーズで、4回目がjaajaと。あれ、もう一回くらいやってるかな。このときは今ほどたくさん県外は廻ってなくて、ときどきちょろっとくらい、だったんだけど、タケアキのお父さんなんか、ライブがよく見えるように壁を切ってくれたりして、「壁切っといたから。これでだいぶ良うなったやろ」って言うんだ。このときにうっすら、こんなふうまでしてくれる店がたくさんあったら、何とか唄でやってけるかも、とは思ってて、そういうきっかけの1つになったような気がする。jaajaに学んだことも多いけど、キャラバンの存在も大きい。今回はキャラバンじゃなくて、リズムでやるんだけど、気持ちはいっしょだからね。

歌いにいくよ

comment (0)

......................................................................

copyright © 2008 3F REDORDS all rights reserved.


2011.10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31


・カフェキャラバン35周年

リンク

ザ・ビアーズのブートレッグウェブ

ザ・ビアーズのmyspace


ブログtopへ

RSS 2.0